東北学院大学体育会

本文へジャンプ
体育会本部 監督会 OB連合会

陸上競技部

陸上競技部イメージ写真
ページの先頭へ戻るここから本文です

現在位置 : TOPページ体育会本部 > 各部紹介 > 陸上競技部

今期の目標

部員写真

・東北インカレ男子・女子共に総合3位以内
・日本学生陸上競技対校選手権大会出場
・全日本大学駅伝対校選手権大会出場
・全日本大学女子駅伝対校選手権大会出場

部長の意気込み

部長の顔写真

記録への挑戦と日々の努力

部長 前田 明伸

 陸上競技は、走る、跳ぶ、投げる、歩く等ほとんど道具を使わず、基本的な体力などを基に地上での記録を競うスポーツである。その為100mの勝者は世界最速ランナーなどといわれる所以である。競技者としては常にその最速を目指すわけであるが、簡単になれるわけではありません。このように勝者になることは簡単ではありませんが、目標記録とは戦うことが可能です。各自が自分自身の体力や才能等を考慮し目標を明確化して、そこに向けて日々の小さな努力の積み重ねにより目標を達成し、また新たな目標に向けて前進していくことが重要であるわけです。
 陸上競技部は創部以来100年近い歴史と伝統を持つクラブであり、諸先輩の中には自己記録の更新を目指し日々の努力を継続することにより日本学生チャンピオンに近づいた人達がいます。陸上競技部の部員の皆様は大学に入ってから必ず自己記録を更新して卒業できるよう頑張ってほしいものです。その日々の努力の結果として学生チャンピオンが誕生してくれれば期待しています。

 指導者の皆さんと共に、この高い記録への挑戦とそれを達成するための日々の努力が人格の陶冶に繋がることと確信しています。

監督・コーチコメント

監督の顔写真

信は力なり、日々前進

監督 菅野 信夫

あなたがたは知らないのか。競技場で走る者は、みな走りはするが、賞を得る者はひとりだけである。あなたがたも、賞を得るように走りなさい。しかし、すべて競技する者は、何ごとにも節制をする。彼らは朽ちる冠を得るためにそうするが、わたしたちは朽ちない冠を得るためにそうするのである。そこで、わたしは目標のはっきりしないような走り方はせず、空を打つような拳闘はしない。すなわち、自分のからだを打ちたたいて服従させるのである。聖書の教えであります。我らが目指すのは東北の雄、東北学院としての東北インカレ優勝。そして全国大会での活躍です。目標をしっかりと定め、日々の努力を怠らず、夢の実現に勇往邁進し、競技のみならず、人生の勝者となれるよう精進して参ります。御声援よろしくお願い致します。

 

部の紹介

  • 【指導教員(部長)】 前田 明伸
  • 【監督】 菅野 信夫
  • 【コーチ】 北目 秀哉

年間日程

4月

  • 東北学連春季競技会(弘進ゴムアスリートパーク)
  • 宮城県選手権大会(ひとめぼれスタジアム)
  • 第68回青山学院大学対東北学院大学陸上競技対校定期戦大会(弘進ゴムアスリートパーク)

5月

  • 東北学生陸上競技対校選手権大会(ひとめぼれスタジアム)

6月

  • 全日本学生陸上競技個人選手権大会(BMWスタジアム)

7月

  • 男鹿駅伝競走大会(男鹿市)
  • 北日本学生陸上競技対校選手権大会(福島県営あづま陸上競技場)
  • 宮城県選手権大会(ひとめぼれスタジアム)

8月

9月

  • 日本学生陸上競技対校選手権大会(福井運動公園陸上競技場)
  • 全日本大学駅伝東北地区予選会(北上市)
  • 東北学生陸上競技選手権大会(仙台市陸上競技場)

10月

  • 東北地区大学総合体育大会陸上競技(秋田県立中央公園陸上競技場)
  • 全日本大学女子駅伝対校選手権大会(仙台市)

11月

  • 全日本大学駅伝対校選手権大会(名古屋市〜伊勢市)
  • 東北学連競技会(仙台市陸上競技場)

12月

  • 全日本大学女子選抜駅伝競走(静岡富士市/富士宮市)

1月

2月

3月

  • 日本学生ハーフマラソン選手権大会(立川市)

▲ページの先頭へ戻る

このホームページのお問い合わせは、体育会本部までご連絡ください。
住所:〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3番1号 体育会本部

Copyright(c)2005 東北学院大学体育会. All Right reserved.