東北学院大学体育会

本文へジャンプ
体育会本部 監督会 OB連合会

バスケットボール部男子

バスケットボール部男子イメージ写真
ページの先頭へ戻るここから本文です

現在位置 : TOPページ体育会本部 > 各部紹介 > バスケットボール部男子

今期の目標

部員写真

 今年度も、上級生から下級生までバランス良くレギュラーが揃っており、東北NO.1の座を継続し、全国レベルの戦いをすることが目標となる。
 4年生を中心に日々の練習に取り組み、各大会で良い成績を残すと共に人間として成長することを目指します。
 応援よろしくお願いします。

部長の意気込み

部長の顔写真

全国の強豪校と闘う

指導教員(部長) 辻 秀人

バスケットボール部男子は、東北地区で10年連続優勝を達成するなど、東北地方の有力チームとして活動してきました。昨年は、東北地方のリ−グ戦を全勝で勝ち抜き、インカレに出場して奮戦しました。今年は、出場経験の豊富な上級生に新たな戦力を加え、選手個人の能力を高め、チームとしての総合力を高めるべく、佐々木桂二監督のもと、厳しい練習を続けています。目下の目標は、東北地区で勝ち進み、全国大会では関東の強豪大学と互角以上の戦いを展開できる実力を養うことにあります。目標が実現できればインカレで上位進出することも可能だと思います。我がチームはあくまでも大学のチームとして学業とバスケットボールとの両立を前提としており、短い時間で密度の高い練習を行っています。限られた条件の中で全国の強豪校と戦うのは大変なことですが、スタッフ、選手諸君は一丸となって、必ずや目標を達成してくるものと確信しています。

監督・コーチコメント

監督の顔写真

監督 佐々木 桂二

 バスケットを通し、技術の習得はもちろんですが、卒業後に社会に貢献できる人材を育成すべく日々学生と携わっています。
 常に指導者が練習を見ている中で、高校では味わえない充実した日々の練習や試合を通して、個々のバスケット技能の向上とチームの実力アップをめざし活動しています。1980年頃から一貫して海外との交流も盛んに取り入れ、韓国の強豪校との交流や台湾遠征で国際大会に参加するなどし、学生時代から国際的な視野を広めて国際交流、親善にも貢献しています。
 また、震災後には指導者や学生が現地を訪れ、地域の中学・高校生を対象にしたクリニックを行うなど、バスケットを通した地域交流の輪を広げています。

 

部の紹介

  • 【指導教員(部長)】 辻 秀人
  • 【監督】 佐々木 桂二
  • 【コーチ】 岡崎 勘造
  • 【コーチ】 青山 景子
  • 【公式ホームページ】
    http://www.ipc.tohoku-gakuin.ac.jp/~basket/

年間日程

4月

  • 14,15 関東遠征(駒澤大学)

5月

  • 21,27,28 南奥羽春季大会(福島大学・仙台大学)

6月

  • 10 対北海学園大学定期戦(北海学園大学)
  • 16-18 東北地区大学体育大会(東北学院大学・東北大学)

7月

  • 8,9 全日本総合県予選大会(青葉区体育館)
  • 14-16 日本学生選抜大会(東北学連で選抜された選手)(札幌市北海きたえーる)

8月

  • 強化合宿

9月

  • 1,2,3,9,10 東北大学一部1次リーグ(東北学院大学)

10月

  • 13-15 東北大学一部2次リーグ(岩手県)

11月

  • 20-26 全日本大学選手権大会(東京大田区体育館ほか)

12月

  • 10,16,17 東北大学新人大会(東北学院大学)

1月

2月

3月

  • 強化合宿

▲ページの先頭へ戻る

このホームページのお問い合わせは、体育会本部までご連絡ください。
住所:〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3番1号 体育会本部

Copyright(c)2005 東北学院大学体育会. All Right reserved.