東北学院大学体育会

本文へジャンプ
体育会本部 監督会 OB連合会

ソフトテニス部

ソフトテニス部イメージ写真
ページの先頭へ戻るここから本文です

現在位置 : TOPページ体育会本部 > 各部紹介 > ソフトテニス部

今期の目標

部員写真

東北の大会を全て優勝する。
東カレ・インカレ ベスト8に入る。
時間厳守

部長の意気込み

部長の顔写真

上を目指して一歩ずつ

部長 門間 俊明

 ソフトテニス部は、創部100年を誇る本学で最も伝統のある部活動の一つです。その間、幾多の名選手を輩出し、東北においては常にトップレベルの実績を上げてきましたが、全国レベルでコンスタントに結果を残せるまでには至っておりません。したがって、部の掲げる目標とは、「全国レベルでの活躍を」ということになります。
 しかし、言うは易し、行うは難し。目標の実現のためには、まずもって現実を直視しなければなりません。高校生に対するスカウティング、監督やコーチの指導のあり方、部全体の運営方法、練習のメニュー、個々人が練習や試合に臨む際の態度や心のあり方等々が、果たして適正かどうか。具体的な目標でいえば、いかにして東北のトップを維持し、更にインカレや東日本インカレでいかにして一つ上に勝ち進むことができるか。こうした個々の具体的な問題を絶えず考え続け、現状を少しずつ変えていく努力の先にのみ、目標の実現が見えてくるのだろうと思います。
 幸いにも「TGクラブ」というOB・OG会が、物心両面にわたってわれわれの活動を支えてくれています。なによりも、素直で、練習熱心で、意欲と才能にあふれた部員達がいます。「明日にでも」とは言いませんが、みんなで力を合わせて目標の実現に一歩ずつ近づいていきたいと思います。

監督・コーチコメント

監督の顔写真

監督 伊藤 恵一

 ソフトテニス部は男女共に東北では1〜2位が定位置となっているものの、東日本、全日本レベルの大会ではなかなか競技実績が出ないのが現状です。現状を打開するためには一人ひとりの意識改革が必要となります。競技をともに楽しむための練習の在り方、部の運営に対する考え方や意識の変化を求めて指導していく必要があります。
 学生にはチームの目標、一人ひとりの目標を明確に持ち、その目標に向かって一丸となって取り組める意識を持つこと、そして最終的には目的を達成できる行動や考え方の仕組を作りあげてもらいたい。
強いチームとは、学生それぞれがやるべきことを理解しているチームであり、それが社会人になってからも役に立つ行動や考え方を結びついていきます。それを学生時代に醸成してもらいたい。

 

部の紹介

  • 【指導教員(部長)】 門間 俊明
  • 【監 督】 伊藤 恵一
  • 【コーチ】 大山 裕司
  • 【コーチ】 水野 邦彦
  • 【コーチ】 石津 佳祐
  • 【コーチ】 菊地 巧
  • 【公式ホームページ】
    http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~nantei/

年間日程

4月

  • 8日 宮城学生春季(宮城野テニスコート)

5月

  • 4日 県春季(青葉山テニスコート)
  • 6日〜9日 会長杯(青葉山テニスコート)
  • 21日 東北選手権

6月

  • 7日〜9日 王座決定戦(東京体育館)
  • 17日 青学定期戦
  • 24日 北海定期戦(北海学園清田テニスコート)
  • 26日〜28日 東北総体(青葉山テニスコート)

7月

  • 7日〜12日 東日本インカレ(千葉県白子)

8月

  • 4日〜10日 インカレ(石川県)

9月

  • 19日〜21日 競技会(秋田県)

10月

  • 1日 県秋季(青葉山テニスコート)
  • 14日〜15日 宮城学生秋季(宮城野テニスコート)
  • 27日〜28日 新人戦

11月

12月

  • 2日〜3日 東北学生インドア(宮城県)
  • 16日 県インドア(岩沼市体育館)

1月

2月

  • 2日〜4日 東北インドア(岩手県花巻市)

3月

▲ページの先頭へ戻る

このホームページのお問い合わせは、体育会本部までご連絡ください。
住所:〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3番1号 体育会本部

Copyright(c)2005 東北学院大学体育会. All Right reserved.