東北学院大学体育会

本文へジャンプ
体育会本部 監督会 OB連合会

準硬式野球部

準硬式野球部イメージ写真
ページの先頭へ戻るここから本文です

現在位置 :TOPページ体育会本部 > 各部紹介 > 準硬式野球部

今期の目標

部員写真

 我々準硬式野球部は、常に全国制覇を目標として、日々の活動に取り組んでいる。一昨年、昨年と結果を残せていないため、今年こそは確実に良い結果を残さなければならない。挑戦者としてチーム一丸となり、楽しく雰囲気良く戦っていきたい。

部長の意気込み

部長の顔写真

指導教員(部長) 三條 秀夫

 競技スポーツである以上結果が出る。望む結果を得ようとすれば、個人としてチームとして努力が求められる。目標が高ければ高いだけ、それに向けて周到に準備し、自らを律し、仲間と共に厳しい訓練に耐えなければならない。それが結果に通じる。
 何事であれ、事柄に真摯に向き合い、「努力は裏切らない」という言葉を自らの部活動をとおして体得してもらいたい。

監督・コーチコメント

監督の顔写真

監督 伏見 善成

我部は今年で創部67年目を迎えました。その中、全日本大学準硬式野球選手権大会は、67回開催していますが、我部は55回の出場で、全国優勝1回、準優勝7回、ベスト8以上が18回という成績を成し遂げています。
東北地区でも春のリーグ戦54度、秋のリーグ戦46度の優勝の成績を残してきましたが、ここ2年間、春、秋4季連続で優勝から遠ざかっています。他の大学の躍進もありますが、我部の弱体が原因と思います。日々の練習不足、野球に対する情熱の欠如。授業はもちろん出席していますが、時間をいかに有効に使うか、練習に対して部員の意識不足があるのです。諸先輩方ができていたことがなぜ現在できないのか。今、部員と話し合良いい方向に進みつつあります。
また、3年前から総合コーチとして後輩の荒井晶君を招き、私の右腕として指導して頂いていますその効果もあり、昨年末頃より少しずつ変化が見えてきています。目標でもあるリーグ戦優勝、全日本大学選手権出場を目指し、日々練習量を増やすことで、部活動の大切さ、野球に対する意識を高め、三條秀夫部長先生からのお話もいただきながら、常勝、準硬式野球部を取り戻し、全日本大学選手権に出場し勝ち抜くを合言葉に、より一層向上心を持って前進して参ります。

 

部の紹介

  • 【指導教員(部長)】 三條 秀夫
  • 【監督】 伏見 善成
  • 【総合コーチ】 荒井 晶

年間日程

4月

  • 平成28年度東北地区大学準硬式野球春季リーグ戦(仙台市民球場、笠神野球場、利府中央公園野球場)

5月

  • 平成28年度東北地区大学準硬式野球春季リーグ戦(涌谷スタジアム、鹿島台中央野球場、ほばら大泉球場)

6月

  • 平成28年度東北地区大学準硬式野球春季リーグ戦
  • 青山学院大学定期戦(町田グラウンド)
  • 北海学園大学定期戦(笠神野球場)

7月

  • 中央大学、中京大学定期戦(ことおかスカルパ野球場)

8月

  • 文部科学大臣杯第68回全日本大学準硬式野球選手権大会(仙台市民球場、名取市民球場、宮城広瀬球場)
  • セレクション

9月

  • 清瀬杯第48回全日本大学選抜準硬式野球大会(浜松市営球場、仙台市民球場)
  • 平成28年度東北地区大学準硬式野球秋季リーグ戦(笠神野球場)

10月

  • 平成28年度東北地区大学準硬式野球秋季リーグ戦(笠神野球場)
  • 関口杯第12回東北地区大学準硬式野球トーナメント大会
  • 東北学院大学体育会準硬式野球部野球教室

11月

  • 第34回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会(嬉野市みゆき球場、鹿島市民球場、伊万里市国見台球場)

12月

  • グラウンド納会(笠神野球場)

1月

  • 泉キャンパスにて筋トレーニング(泉キャンパス体育館)

2月

  • 泉キャンパスにて筋トレーニング(泉キャンパス体育館)
  • 追い出しコンパ(パレスへいあん)

3月

  • 強化合宿(笠神野球場)

▲ページの先頭へ戻る

このホームページのお問い合わせは、体育会本部までご連絡ください。
住所:〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3番1号 体育会本部

Copyright(c)2005 東北学院大学体育会. All Right reserved.