東北学院大学体育会

本文へジャンプ
体育会本部 監督会 OB連合会
ページの先頭へ戻るここから本文です

現在位置 : TOPページ > 監督会 > 規約・内規

監督会

監督会規約

〔名称・事務局〕

【第一条】
本会は「東北学院大学体育会監督会」と称し、事務局を東北学院大学内に置く。

〔目的・事業〕

【第2条】
本会は、体育会各部の充実と発展を期するため、会員相互の親睦を図り、連絡を密にするとともに、スポ−ツ学生の指導、援助を通じて東北学院大学の発展に貢献することを目的とする。

【第3条】
本会は、前条の目的を達成するために次のことを行う。

  1. 体育会発展に関する研究会の開催、および資料の収集、交換
  2. 体育会発展のための指導、援助、後援
  3. その他、本会の目的を達するための必要な事項

〔会員・役員〕

【第4条】
本会は、東北学院大学体育会を構成する各部の監督をもって会員とする。監督経験者にあっては監督会の議を経て特別会員となることができる。ただし、各部一名以内とし、総会においての議決権は有しない。(監督経験者とは監督会設立時以降からの監督)

【第5条】
本会に次の役員を置く。

  1. 顧問  若干名
  2. 会長    1名
  3. 副会長   2名
  4. 幹事    5名
  5. 事務局長 1名
  6. 監事    2名

【第6条】
役員は、年度最初の総会において会員の互選によって定める。役員の任期は、二ケ年とする。但し再任を妨げない。

【第7条】
役員は次の役割を担当する。

  1. 会長は監督会を代表し、会務を総括する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はこれを代行する。
  3. 事務局長は会計業務を含む業務全般を担当する。なお、事務局員については会長がこれを指名する。
  4. 幹事は総会の審議事項ならびに一般会務を処理する。
  5. 監事は会務、および会計を監査し、総会において報告をする。

〔会議〕

【第8条】
監督会は、会長がこれを招集し、議長となる。本会は、年1回の総会を開催する。但し、会長が必要と認めた時、または三分の一以上の会員から要求があった時は、臨時にこれを開催することができる。

〔会計〕

【第9条】
本会の年会費は1万円とする。なお、本会の運営費は、年会費のほか例会において会員(特別会員を含む)から徴収する実費、そして寄付金をもってこれにあてる。

【第10条】
本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

〔改廃〕

【第11条】
この規約の改廃は、監督会において行う。規約の改正は監督会総会における三分の二以上の決議による。

 

■附則
この規約は、平成3年7月19日から施行する。
会員に係わる慶弔等の支出については別に内規に定める。

■附則
この規約は、平成7年5月15日から施行する。
一部改正(第5条の役員に事務局を加える

■附則
この規約は、平成13年5月15日から施行する。
一部改正(第4条に特別会員を加える。第5条5項を事務局長に、第7条に事務局長の職務を加える)

■附則
この規約は、平成18年11月1日から施行する。

■附則
この規約は、平成21年5月22日から施行する。

【第1条】
監督会会員の所属する競技団体から推薦を受けて、国際大会への日本代表役員、または選手として選出された場合には、激励金として2万円を支出する。

【第2条】
慶弔費、旅費交通費及びその他の経費の支出は次のとおりとする。

  1. 結婚
    (1)本人が結婚するとき ・・・・・ 2万円の祝い金と祝電
  2. 忌引
    (1)本人、配偶者及び子が死亡したとき ・・・・・ 生花と弔電
    (2)本人の父母及び同居する配偶者の父母が死亡したとき・・・・・ 生花と弔電
    (3)その他役員が必要と認めたとき・・・・・ 生花と弔電
  3. その他の費用(体育会各部の記念行事を念頭におく。)
    (1)旅費交通費
      仙台市及び隣接する市郡町村の場合 ・・・・・五千円を限度とする
    (2)会費
      参加費用(会費制) ・・・・・実費とする
      その他の場合 ・・・・・1万円を限度とする

■附則
この内規は、平成7年10月2日から施行する。
■附則
この内規は、平成18年11月1日から施行する。

▲ページの先頭へ戻る

このホームページのお問い合わせは、体育会本部までご連絡ください。
住所:〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3番1号 体育会本部

Copyright(c)2005 東北学院大学体育会. All Right reserved.